初めて結婚式に招待されたときはどうする?

まずは出欠の意思をしめそう

通常、結婚式の招待は招待状が送付される形で行われます。初めて招待を受けたときは、少し驚いてしまうかもしれませんね。まずは落ち着いて、招待状に記載されている結婚式の日程を確認しましょう。結婚式の日に予定がない、または別の日に予定を変えられそうなら、なるべく結婚式に出席するのがおすすめです。招待状に出欠の意思をしめすハガキが入っているはずなので、それを返送してください。新郎新婦は招待客の正確な人数を知りたがっているので、なるべく早く返送するのがマナーです。

当日必要な服装を準備しよう

冠婚葬祭の場に出席するときは、礼服と呼ばれる服装をするのがマナーです。男性の場合、黒のスーツになります。紺(濃紺)のスーツでも失礼にはなりませんが、持っていないなら礼服を一着買うと役に立ちますよ。買うべきスーツは、紳士服店に行き店員に相談すれば問題ないものを提案してくれます。スーツのほか、黒の革靴や白(またはシルバー)のネクタイも用意してください。結婚式場内には大きな荷物は持ち込めないので、必要であれば小さめのサイフなどもあるといいかもしれません。

ご祝儀の金額はどうする?

結婚式当日は、お祝いの気持ちを込めた「ご祝儀」を持参するのがマナーです。ご祝儀の金額をどうするかは、多くの人が悩むポイントでもあります。この金額は地域による違いもあり、明確な決まりはありません。しかし相場としては、新郎新婦が友人の場合は3万円前後が多いようです。ご祝儀は、祝儀袋に入れて持参します。祝儀袋は文房具店などで販売されています。このとき、水引が蝶結びになっているものは避けてください。また、お札はなるべく新札を使うのがマナーです。

白金の結婚式場で注目したいのは、貸し切りで挙式ができるゲストハウス型です。アットホームな雰囲気の挙式を望む人には、ぜひおすすめと言えます。

You may also like...