結婚式にふさわしい服装は?守っておきたいマナーについて

露出はなるべく控えめに

結婚式に招かれたら、自分だけが満足するスタイルではなく、周りからも好感の持ってもらえる服装で参加したいですよね。基本的には、夜に行われる結婚式やカジュアルな感じのパーティ以外の場では、肩を露出するような服装は避けましょう。とりわけ、挙式から参加する際には、袖の付いたパーティドレスを着るか羽織ものを準備して参加した方が無難です。どんなデザインのドレスを選んでも、ショールまたはボレロを上に着れば安心ですよ。

パーティドレスやワンピースの着丈は?

当日着ていくパーティドレスのデザインの他に、気を付けておきたいのが着丈です。短すぎるドレスでは、その場に馴染まずに浮いてしまう可能性が高くなってしまいます。目安にしたいのは、友達の結婚式に参列する際は、膝上5センチ程度までに。親族の結婚式に参加する場合には、膝丈くらいまでの長さのあるドレスなら、ほぼ問題ないでしょう。また、素足での参加や厚手タイプのタイツも避けて、ベージュカラーのストッキングにしましょう。

どんなカラーのドレスなら好ましいの?

結婚式に招かれたら、白のドレスは花嫁の色とされているので避けるべきですが、ではどんな色のドレスにしたらよいか迷いますよね。ベージュはどちらかというと白に近いカラーということで、着て行っても良いか悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、全体のコーディネートが白っぽくならないように工夫すれば大丈夫ですよ。黒のボレロを羽織ったり、バッグなど小物にビビッドカラーを取り入れるなど、全身が白っぽい感じにならないようにアレンジを加えましょう。

神戸の結婚式場とは兵庫県神戸市にある結婚式場でインターネットの検索エンジンを利用して検索すると沢山神戸市内の結婚式場が見つかります。

You may also like...