知っているようで知らなかった!?ご祝儀袋と金額のマナー

「年齢」と「新郎新婦との関係」によって金額が決まる

親族関係以外のご祝儀の相場は、3万円と言われています。また特別仲の良い友達などの場合は、5万円にする場合もあります。親族関係の場合は、普段からの付き合いの深さによって金額が決まってきます。ご祝儀の金額の基本は、奇数とされています。なぜなら偶数は割り切れる数字となっていて、別れを連想させてしまうからです。奇数は割り切れない数字のため、新郎新婦の仲が分かれないようにといった意味があるのですよ。しかし最近では、2はペアという意味もあるため包む人が多くなっています。また8は末広がりの意味があるので、これもOKとされています。お札は新札を入れるのがマナーとなっています。

ご祝儀袋は、包む金額の1%相当の袋を

金額が確定したら、次はお祝儀袋選びとなります。お祝儀袋は、包む金額の1%相当の袋を用いるのがいいとされています。例えば2万円を包む場合は、100~200円程度の袋、3万円~5万円を包む場合は300円~400円程度の袋、8~10万円を包む場合は500円程度の袋を選ぶようにしましょう。これらのようにお祝儀袋は自分好みのデザインを選ぶのではなく、包む金額に見合った袋を選ぶ事が大切です。包む金額が少ない場合は、シンプルなデザインを選び、水引は蝶結びでないものを選ぶ必要があります。

ご祝儀袋の書き方について

ご祝儀袋の中袋の表に包んだ金額を記入して、裏には自分の住所と氏名を記入するようにしましょう。金額の数字は漢数字で記入する事が基本となります。この記入する際の注意点は、ボールペンで記入しない事です。表書きは、毛筆や筆ペンやサインペンなどを使用して濃い墨で書くのがマナーとなっているのですよ。ボールペンや万年筆や薄い墨は、仏事の書き方となりますので失礼にあたります。慣れていないため筆で書きんくい場合は、サインペンでも大丈夫です。

結婚式場選びは両家のことを考えて苦労します。結婚式場を東京にしてしまえばアクセスしやすいので理由がつきやすいので選択肢とするのはお薦めです。

You may also like...