若い内に、一度は一人暮らしをしてみるものでは?

若い内に一人暮らしをしてみると

若い内に一人暮らしをしてみると、その後の人生でいろいろと役に立つことがあるものです。というのも、家で家族といっしょに暮らしていれば、食事や洗濯などといったものはみな親がやってくれますし、家賃も光熱費も負担することはありません。ところが、家を離れて一人暮らしをしてみれば、食事や洗濯も自分で何とかしなければなりませんし、家賃や光熱費も自分で負担しなければならなくなります。つまりは、親元を離れて一人暮らしをしてみることで、「生活」というものがどんなものであるのかを、実際に知ることができるわけなのですね。

実体験として生活というものを知る一人暮らし

一人で暮らしてみなければ、生活というものがどんなものであるのか、なかなか実感としてわからないものでしょう。というのも、一人で暮らすことになってみれば、日常生活のあらゆることを自分でやらなければならなくなるために、衣食住という人間の暮らしにとってなくてはならないものの意味もわかってきますし、生活して行くためには、住居費や光熱費というものがかかるもの、ということも実体験としてわかってくるからなのです。

一人暮らしの経験が全くなかったら

生まれてからずっと両親といっしょに暮らしてきて、学校を卒業して社会人となってからも両親と同居しており、結婚して今度は夫婦で暮らしている、という生活をしてきた人には、一人暮らしの経験がありません。こうした人で、特に男性の場合には、結婚すれば今度は食事も洗濯も掃除も奥さん任せで、自分で食事を作ったことなど一回もなければ、洗濯も掃除もしたことがないという人もいます。しかし、そういう人は、もしも自分一人になったら、生活して行くことができるのか、はなはだ疑問になってしまうのですが。

家具の家電のレンタルは、単身赴任や学生などのレンタル期間が決まっている場合などに利用される方が多くいます。

You may also like...